日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『走り込み』か『野球で作る』落合流か― 巨人川相2軍新監督の育成法に注目 
2010年11月27日 (土) | 編集 |
球界で“走り込み神話”は根強い。
元祖といえるのは、カネやんこと金田正一元ロッテ監督だ。
徹底的な走り込みで下半身を強化。
そうして作り上げた強靭な土台で通算400勝を達成したのだから、
説得力がある。

同じように走り込みの大切さを説いていたのは今オフ、
巨人に復帰した川口和久投手総合コーチ。
こちらは満足な室内練習場完備していなかった広島時代、
雨が降るとヘドが出るほど走らされたが、
実はそれが夏場以降のスタミナに結びついたと説く。

もちろん、野球選手にとって下半身の強化は
体力づくりの大事なテーマの一つ。
それぞれの話には『なるほど』とうならせるものがある。
だが、同じ野球選手の体の作り方でも、
走り込みとは違う考えがある。

野球で使う筋肉は、野球の動きで作っていくというものだ。
『やっぱりバットを振る為の筋肉や体は、
 スイングでしか作れない』
こう主張するのは巨人・高橋由伸外野手だが、
実は中日・落合博満監督も同じ考えを持つ。
落合監督も現役時代はとにかくバットを振って、
ノックのボールを追いかけて体を作り上げてきた。

『走り込みじゃあ、走るための筋力しかつかないだろう。
 野球の動きは複雑。
 その複雑な動きに対応できる筋肉や関節を作るには、
 野球の動きをするしかない』―。

そこには投手と野手の違いがある。
投手の肩は消耗品で、来る日も来る日も投げ込みだけで
体を作るわけにはいかない。
そこで、肩に負担をかけない体作りの方法として、
走り込みの比重はぐっと大きくなる。
もちろん、野手でも走り込みに意味がないわけではないが、
ことしの中日の主力選手の活躍を見ると、
落合流の体作りには、やはり大きな説得力を感じることになる。

来季の巨人2軍監督には、そんな落合監督の下で
コーチ経験を積んだ川相昌弘氏が就任した。
落合流を肌で知る新監督が、どんな練習方法で
若手育成に新しい風を吹き込むのか。
そこに注目をしたい。


      サンケイスポーツ 『球界インサイドリポート』より
        スポーツジャーナリスト・鷲田康氏      
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お久し振りです。コメントは久振りですが、毎日拝見してます。

この記事は、私も日頃チェックポイントの一つでして、筋トレで作り上げた身体頼みのドラフト候補は基本的にスルーしています。今年なら、巨人指名の澤村などは、完全にスルーしました。

ただ、選手により向き不向きはあると思いますし、体質もあると思いますね。
要するに筋肉の質が大事だという事なんだろうと思います。
2010/11/28(Sun) 22:03 | URL  | 一花 #-[ 編集]
一花さん、お久しぶりです。
いつもありがとうございます。

私もこの記事には納得しました。
うちの息子は筋トレが苦手なのですが、
夏から重いマスコットバットの素振りを
毎日こなしていく中で、
下半身はもちろん、腕や背筋にも
適度な筋肉がついてきて
飛距離が出てきています。

息子の今後はバッティング重視で
力を入れていこうと思っていた矢先の
記事でしたので、載せてみました。

明後日も公式戦が控えています。
素振りの結果が出るといいのですが・・・。
2010/12/02(Thu) 14:14 | URL  | kuni28 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック