日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メジャー挑戦日本人内野手 求められる二塁手の資質・・・
2010年10月25日 (月) | 編集 |
日本人選手がメジャーで遊撃手としてプレーすることは、
ほぼ無理だと思った。
それを実証するような、すごいプレーを見たのだ。
ナ・リーグ優勝決定シリーズの第4戦。
同点の9回、フィリーズの先頭打者の放った三遊間のゴロを、
ジャイアンツのウリペべ遊撃手が深い位置で好捕。
そのままノーステップで一塁にノーバウンド送球をして刺した。

この超美技で9回を無失点に切り抜けたジャイアンツは、
その裏、ウリペがサヨナラ犠飛を打ち上げ、
リーグ制覇に王手をかけた。

『日本人には無理です』
こう日本人遊撃手の可能性を否定したのは、
ロッテの井口だった。
井口自身はダイエー(現ソフトバンク)時代に
遊撃手から二塁に転向。
05年にホワイトソックスに移籍後も二塁手としてプレーしてきた。
だが、ニ遊間でコンビを組んだメジャーリーガーを
つぶさに見て、この結論に達したという。
『身体能力が違いすぎる。
 単純な肩の強さだけでなく、捕球してから、
 そのまま踏ん張って投げられる下半身と体幹の強さ。
 メジャーではそういう体の強さを一番求められるのが、
 ショートなんです』―。

過去には西武でゴールデングラブ賞を4度もとった松井稼が、
メジャーでは遊撃手としては全く通用せず、
二塁にコンバートされた。
遊撃ばかりか、三塁手として海を渡った元ヤクルトの岩村も、
二年目には二塁手となった。

この事実が何を示すのか?
それはこれからメジャーに渡る日本人内野手に求められるのは
二塁手としての資質で、
メジャーのスカウトたちも、
必ず二塁手としての適性をチェックしているということだった。

ポスティングシステム(入札制度)でのメジャー移籍を希望する
ロッテの西岡も、おそらくメジャーでは
二塁を守ることになるはずだ。
06年の第1回WBCでは、ソフトバンクの川崎に
正遊撃手のポジションを譲り、西岡は二塁手に回ってプレーした。
あの時は、『なぜ自分が二塁なのか』と
おもってかもしれないが・・・。
今は逆に、そこでそつなく二塁をこなせたことが、
メジャーを狙う西岡の魅力になるのかもしれない。


     サンケイスポーツ 『球界インサイドリポート』より
                       鷲田康氏
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
西岡は元々セカンドだから、二遊間どっちもできるよ。
大阪桐蔭時代同様、セカンド専任でやればいいと思う。
ショートオンリーでずっときてる人だと
ショートが神レベルでもセカンドできない君って
結構いるからね。
その点、西岡は安心。
2011/08/28(Sun) 07:59 | URL  | ばしくし #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック