日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦術に徹した方が選手はリラックスできる
2010年10月20日 (水) | 編集 |
~シンプルが効果的~

落合、原両監督がクライマックスシリーズに入る前に、
180度異なるアプローチをした。
監督の視点からすれば、なかなか興味深かった。

落合監督は、レギュラーシーズン終了後、
1軍全員を出場選手登録抹消した。
まるでキャンプのように、メンバーを白紙に戻して、
『もう一度ふるいにかける』と言った。

原監督は坂本、長野、脇谷の3人だけに特別指導を行った。
中日ほど日程に余裕がないだけに、
『やってもらわなければ困る』選手を選抜して
底上げを図ったのだ。

ファーストステージは坂本、長野それぞれが粘り強さを見せ、
“脇役”として勝利に貢献していた。

『人を見て法を説け』という。
釈迦は相手の能力や人柄に応じ、理解しやすいように真理を説いた。
リーダーとして大事な選手操縦法の基本だが、
原監督の『説法』は坂本や長野に通じたのだろう。

今度は落合監督が結果を出す番になる。
短期決戦では
『こうすれば勝てる』『打席ではこれを狙え』と
シンプルに指示する方が効果的だ。
選手枠争いに緊張しただけならマイナスで、
過度の重圧をかけるよりも戦術に徹した方が
選手はリラックスできる。

ナゴヤドームで巨人は2勝10敗と圧倒的に不利だが、
短期決戦ではさほど重要ではない。
南海の兼任監督として阪急と戦った1973年の
パ・プレーオフ。
南海は前期優勝したものの、阪急には後期0勝12敗1分け。
私は『負けてもともと』の気楽さで江本のリリーフなど
思い切った采配を振るい、
選手もリラックスして動いてくれた。
逆に阪急は負けられない重圧でガチガチになっていた。

アドバンテージがあり、全試合本拠地の中日が圧倒的に有利だが、
すでに阪神を破って自信を手にし、
かつ気楽に戦えるのは巨人。
第1戦を前に、心理面でどれほどの優劣が生じるか。
そこに勝敗の分水嶺がある気がしてならない。

          
    10月20日 サンケイスポーツ 『ノムラの考え』より
                     野村克也氏
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック