日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4種類のバットを使い分け! ラミレスの職人的な道具選び
2010年07月30日 (金) | 編集 |
                   鷲田康 = 文 


まだ野球記者になって間もない頃の話だ。

グラウンドで取材をしていて、突然、どやしつけられたことがあった。

「オマエ、ナニをまたいでるんだよ!」

あるベテラン選手の怒号に下を向くと、
そこにあったのは1本のバットだった。

「バットはなあ、武士の刀と一緒なんだよ!」

バットをひったくるように拾い上げたその選手は、こう言って
「キッ」と失礼な若造記者をにらみつけたのだった。
最近はこんなことを言う選手も少なくなってきてはいるが、
職人が道具にこだわるように、
バットにこだわりを持つ選手が多いのは言うまでもない。

長さと重さ、そして形状はそれぞれの打者のタイプによって異なる。
多くの打者は自分の好みのモデルを探し出し(あるいは特注して)、
そのバットを年間を通して愛用する。
疲れが溜まってくる夏場には、
同じモデルで重さを10グラムとか15グラムぐらい軽くする、
という選手もいる。
もっと細かい選手になると、何種類か重さの違うバットを用意して、
体調によって、その中の一本をチョイスする。

 いわば自分に合わせてバットを使い分けるわけだ。

~相手投手に合わせてバットを使い分ける巨人・ラミレス~

ところが中には相手によって、バットを使い分けるという選手もいる。
今季、本塁打を量産、前半戦のセ・リーグのホームランダービーで
トップを走る巨人のラミちゃんことアレックス・ラミレス外野手も、
そんな一人だった。

ラミレスは昨年までほぼ1つのモデルのバットを使っていた。
長さ34インチ、重さは920グラムのメイプル素材のものだ。
ところが今年は、それに加えてグリップを少し細くした新モデルを導入。
しかもそれぞれのタイプで今まで
より重量を10グラム軽くしたものも作った。

合わせて4種類のバットを、
相手投手によって使い分けるという芸の細かさだった。
この4種類のバットをどう使い分けるのか。
タイプ別に分類するとこんな違いがあるという。

重さの変化は相手投手の左右によって使い分ける。
920グラムのものはサウスポー用、910グラムのものは右投手用。

グリップの太さは、変化球主体の投手用には太めを、
細めのものは速球主体の投手用だ。
もちろん相手投手によって、
この基本用法をアレンジして分けているのだ。

~重量とグリップの違いを組み合わせて全球種に対応~

 ラミレスは言う。

「グリップの細いバットはヘッドも利くし、
 飛距離が出るような気がする。
 今年打っているホームランの7割ぐらいは、
 このグリップが細いタイプのバットだと思うよ」

グリップを細くして重量を重くすれば、飛距離は確実に伸びるが、
逆にヘッドが利きすぎてバットコントロールが難しくなる。
速いボールへの対応もしづらいという欠点も出てくる。

そのためにグリップが太めのものと、
重量を軽くした扱いやすいタイプも用意。

「バッティングでいちばん大切なことは、
 バットをどうコントロールして、
 ボールを芯で捕らえられるかということなんだ。
 だから色んなバットを使い分けているのも、
 よりバットコントロールを良くするための工夫ということになるね」

きちっとバットをコントロールできる
ギリギリのところで飛距離を追求しているわけだ。
その結果が今季はオールスター前までに32本塁打、
という量産ペースにつながった。

「ボックスに立つ前の準備で勝負の半分以上は決まる」
「今年はホームランキングを狙いたいね」

開幕前からこう宣言していたラミレスは、
そのためにこれだけの準備をして、
その道具を使いこなして宣言どおりにアーチを量産している。

「野球はマインド・ゲーム。
 実際にバッターボックスに立つ前の準備で勝負の半分以上は決まる」

 最強助っ人らしいこだわりだった。




【筆者プロフィール 鷲田康氏】

1957年埼玉県生まれ。
慶應義塾大学卒業後、報知新聞社入社。
およそ10年にわたり読売ジャイアンツ取材に携わった。
2003年に独立。
日米を問わず野球の面白さを現場から伝え続け、
Numberほか雑誌・新聞で活躍。
著書に『僕のメジャー日記 松井秀喜』(文藝春秋)、
『ホームラン術』(文春新書)がある。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
左肘が・・・(>。)|オサーン(´o`)なのだ! デーブ大久保解雇! 不適切な指導!発覚・・・ なんだかな・・・ 菊地雄星もその指導にあたってチクったのも雄星かもとか三(lll´Д`) チクるようなヤツはダメだね・・・活躍出来ないだろな・・・現にただ今二軍で調整中・...
2010/07/30(Fri) 21:50:31 |  世間で話題の雑談記事