日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本ハム監督に就任した、栗山英樹が貫く“信念”~“魔術師”三原脩に近づけるか?~
2012年01月26日 (木) | 編集 |
'12年はタイプの違う4人の新監督が誕生する。
孫のような年齢の選手を見守る中日・高木守道、
浪花節でチームを引っ張る横浜・中畑清、
チーム事情を熟知した理論派の阪神・和田豊。
そして、無縁の地、
北海道にたった一人で飛び込んだ日本ハム・栗山英樹である。

球団の方針もあり、腹心のコーチを帯同しない“単身赴任”。
あるコーチは、
「球団のやり方が徹底されているので不安はないが、
 監督がどんな野球をやりたいのかが見えてこないのが気掛かり」
と打ち明ける。
戦力面でも、日本ハムを取り巻く状況は決して甘いものではない。
中5日でチームを支えてきたダルビッシュ有が
ポスティングシステムでメジャー行きを決めた。
ここ数年間、勝敗差“10”に加えて、
ローテーションを支えてきた存在を新たに作り上げるのは、
至難の業である。
武田勝(11勝)、ケッペル(14勝)、ウルフ(12勝)ら
二桁勝利投手が生まれたのも、ダルが相手エースを抑えたからこそ。
加えて、ローテ入りを期待していた
ドラフト1位の菅野智之が現時点では入団を拒否している。

ー斎藤佑樹や中田翔にかけた栗山流のアドバイス。ー

 
 厳しい状況でも栗山監督は明るく語る。

「プロにいる選手はそれなりの力があるからスカウトの目に留まった。
 少し発想を変えることで選手は大きく変化する。
 色メガネで見るのは嫌いなんだ」

この考えは、敬愛する日本ハムの大先輩・三原脩が標榜した
“個性を生かす超二流集団が勝負を制する”という理論と一致している。
2年目の斎藤佑樹について
「相手を抑える術と力はある。あとはそれを活かす体力が必要。
 ともかく走ってもらう」ときっぱり。
4番候補の中田翔にしても、ただバットを振れとは言わない。
「状況と場面を常に頭の中に入れておくように」と諭している。
余分な技術論も時代錯誤の精神論も語らないのだ。

背番号80は、ヤクルト時代の三原の番号にちなんでのこと。
先入観を持たずに人を使った名采配に近づきたいという思いからだという。
縁のなかった球団に単独で乗り込んだのは
“先入観に踊らされずに監督ができる”適切な場所だったからかもしれない。
三原は人当たりの良さの一方で、したたかさも持ち合わせていた。
このことも理解したうえで、名将の名を出したならば、
栗山の監督術でチームは大きく変貌するかもしれない。


永谷脩氏=文
スポンサーサイト
恩師に挨拶
2012年01月17日 (火) | 編集 |
13日、高校の推薦入試の結果が出ました。
お陰様で合格し、晴れて今春、
入学が決まりました。

14日、中学校の野球部に参加し、
外部コーチの方々に報告。練習に参加しました。

15日、小学校6年間お世話になった学童チームを訪問。
監督、コーチに合格を報告。
今後の備えや心得などの話を聞きました。

監督は目を細めながら息子の顔を見て、
『お父さんより大きくなったかな?
 あんまり大きくなったから、始め分からなかったよ。
 お母さんはいつも、自転車をこいで二人で走っていたよね。
 本当によく頑張った。
 これからは沢山、苦労しなさい。
 苦労して沢山吸収して、心も体も大きくなりなさい。
 これからが楽しみだな。
 甲子園、連れて行ってくれな』―。

少し目を潤ませながら、優しく話してくれました。

子供が大好きで、野球の楽しさを伝えたい・・・と、
何十年も変わらないスタイルで学童野球チームの監督を続けて
おられます。
時には厳しく、時には優しく、温かくみんな平等に
子ども達に接し、大きな器で子ども達の野球への情熱を
受け止め指導して下さいます。

息子も何度も励まされ、何度も叱られ・・・
でも、野球のいろはを基本を丁寧に6年間指導して頂けたことが
中学野球に活かされ、
最後は有終の美を飾れたのだと思います。

息子にとっての原点でもあるチームの監督。
一生の宝物です。


『小事が大事を生む』―。

監督が息子に昨年、贈って下さった年賀状の言葉です。
この言葉を胸に昨年一年間、
中学野球を本人なりに必死に頑張りました。
今度は高校野球の舞台で、
今までお世話になった指導者の方々への恩返しができるように
日々、努力しその舞台に立って欲しいと思います。
それが私の願いです。


みなさま、お元気でしたか?
2012年01月09日 (月) | 編集 |
お久しぶりでした。
そして新しい年も明けました。

このブログに来て頂いている全ての方々が
今年も笑顔の多い幸せな年になりますように
お祈りしています。

いよいよです!
このブログを開設した本題、
甲子園に向けてのプロローグスタートします!

学校名や個人名は、高校に迷惑を掛ける恐れもあるので
極力、伏せることになりますが、
今までこのブログを見守り続けて下さった方々には、
お伝えできる範囲で書きたいと思います。

ただ、仕事を増やす為に、
定期的には書けませんが、出来る範囲で
書いていきたいと思っています。

甲子園の舞台に立つ為のスタートラインまであと4日!!