日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の抱負
2014年01月20日 (月) | 編集 |
夢は諦めてはいけない。

真すぐに前向きな気持ちで
取り組んでいたら、

必ず見ている人がいる。

見つけてくれる人が絶対現れる。

それまで腐らず、

奇麗な気持ちで素直に好きな事に
一生懸命頑張れば良い。

自分と時間に負けてはいけない。

自分の決めたことだから。


昨日、必勝祈願に
ある神社へ参拝に行きました。

今日は年明け初のお墓参りに行き、
昨年から行き始めた
勝利の神様が祀られている神社へ参拝。

気持ちを新たに
最後の高校野球を
めいいっぱい頑張って欲しいです。

同期みんなで
最高の年にしたいです‼︎
スポンサーサイト
End of the day
2013年12月22日 (日) | 編集 |
目指したものが 自分とはあまりに
かけ離れてて
どぅせあそこには 届くはずが
ないんだって吠える
「なんとかなるさ」「ケ・セラ・セラ」
「It's gonna be alright」
そんなフレーズさえもとんだ戯言に思える

End of the day 昨日と変わらぬ1日が
End of the day また過ぎる

いつか いつの日か そぅ言ってやり過ごして
気が付きゃロスタイム
で、慌てるから乞食は貰い損ねる
甘えて過ごした 子供の頃と根底は同じ
今日も一からの
いやマイナスからのスタートを切る

End of the day 少しも前に進んでない
End of the day また同じミス

Oh no! Oh Yes!
あと一歩のとこまで きっと来てる
そぅやって言い聞かせて
もっと もっと
輝ける日は来る きっと来る
もぅ少し そぅ信じて


競争しながら
人は切磋琢磨していくんですか?
その理想論が また人の上に人をつくる
なんてデカイ話にすり替えて
何かを否定しなくちゃ
もぅ可哀想なくらいに
自分がちっちゃく思える

End of the day
どのくらいの価値があるんだろう?
End of the day 今の自分に

Oh No! Oh Yes!
本当はもぅ掴んでて 届いてて
気付いてないだけ
もっと もっと
羽ばたける日は来る きっと来る
あともぅ少しそぅ信じて

Oh No! Oh Yes!
あと一歩のとこまで きっと来てる
そぅやって言い聞かせて
もっと もっと
輝ける日は来る きっと来る
もぅ少し そぅ信じて

Oh No! Oh Yes!
本当はもぅ掴んでて 届いてて
気付いてないだけ
もっと もっと
羽ばたける日は来る きっと来る
とりあえずそぅ信じて
あと少し そぅ信じて


無くしたものと手にしたものを
秤にかければ
きっと圧倒的に前者に傾くと知ってる
でも明日は来るさ
寒い夜にだって終わりは来るさ
太陽は昇り
どんな人の上にもまた新しい 暖かな光

Mr.Children
狙い球絞り投手の特徴つかむ
2013年12月08日 (日) | 編集 |
〜ボール球を振らない為に心がけた2つの対策〜

「松井秀喜氏 野球考」 より

〜打者と投手の攻防〜

米大リーグでは来季からビデオ判定の
適用範囲が広がる。
明らかな間違いを正すのはいいこと
だと思う。
これでいかなる場合も
審判員が絶対なのは、
ストライクとボールの判定だけになる。

打者と投手の攻防は、
ストライクゾーンの上に成り立つ。
1試合平均300球近くの判定だから、
球審による違いは出るし、
試合の中でも変わる。
それでも僕は、自分の中にある
ストライクゾーンは変えなかった。


例えば外れたと思った外角球が
ストライクになる。
だが球審が取るからといって
そこを意識しなかった。
外にゾーンが広いメジャーの外角いっぱいは、
狙ってもそぅ打てない。
だから失投が来る前提で、
自分に届く範囲内で外角を意識した。
2ストライク後も自分のゾーンは広げず、
球をより長く見るといぅ意識だけ変えた。
それで厳しい球をカットできたりする。


野球経験者なら
「ボール球を振るな」
と言われた事があるだろう。
「振るな」と言うのは簡単だが、
必要なのは、振らない為の対策だ。


僕の場合、鍵は二つだった。
狙いを絞り、
悪球に手を出す確率を低くする。
そして、打席での目付けを工夫する。
目付けとは、
端的に言うと投手の特徴を
どぅつかむか。

リリース直後の球を見て、
打者の手元でどの辺に来るかを
予測する。
軸となる速球の軌道で投手の手から
捕手までラインを引き、
その周辺の甘いところを待つような
意識だ。


ストレートという言葉にだまされる人が
多いが、
「まっすぐ」は、あり得ない。
直球でなく速球。
投手によって速球は
沈んだり右や左に流れたり球筋が違う。

例えばリリース時点で真ん中に来ると
思っても、打ち寄りに流れる軌道なら、
真ん中を捉える為には
外寄りと思った球を打ちにいく。

打席でいかにその感じを掴むか。

あとはそこを基本的に対応する。

変化球は遅い分、
対応の時間はある。

ただ、投手も工夫するし、
コンマ何秒の世界。


結論を言うと、
ボール球を振らないと、
ボール球を振らない打者はいない。

永遠のテーマだと思う。


サンケイスポーツより
復活‼︎
2013年12月05日 (木) | 編集 |
皆さん、
お元気でしたか⁉︎


色々と諸事情があり、
なかなかブログを更新する事が
出来ませんでしたが、
近日、
復活したいと思っています‼︎


とにかく、
このブログを通して
ご縁のあった方々と
また楽しく交流出来る事を
願っています(^人^)


7年前の12月15日、
このブログを始めて、
また一から新しい気持ちで
スタート‼︎
野球の華はショートかピッチャーか?日本人野手の評価がMLBで低い理由
2012年02月01日 (水) | 編集 |
中村計 = 文


「日本人は野手が育たないね」

先日、ある人にそんな風に言われた。
日本人野手に対するポスティングシステムの入札額が
軒並み低かったからだ。

 だが、私はこう反論した。
「育たないんじゃなくて、人材が回ってこないだけですよ」と。

神奈川県の強豪高校の監督がアメリカにコーチ留学したときの話だ。
監督は、その際、わざわざ横浜高校時代の松坂大輔の映像を持っていった。
日本にもこんなに素晴らしい投手がいるということを見せたかったのだ。

 だが、彼らの反応は意外なものだった。

「なんでショートにしないんだ?」

彼らアメリカ人の思想が、ここに端的に表れている。
彼らにとって野球とは打つことを競うスポーツであり、
華は「3番ショート」なのだ。
松坂の投球フォームを見て、彼が類い希な運動能力の持ち主であり、
「3番ショート」をこなせる選手であることを見抜いたのだろう。

余談になるが、メジャーでビジターチームが自動的に先攻になる習慣も
「まずは、お客さんに打ってもらう」という
もてなしの発想からきていると聞いたことがある。
もし、野球が日本発祥のスポーツであったなら、
逆になっていたのではないだろうか。
「まずはお客さんに守ってもらおう」と。

~アメリカだと「野球はショート」から。
 日本だと「野球はピッチャー」~

前述の監督は、留学体験をこう振り返る。

「アメリカの学生って、あんまりピッチャーをやりたがらないんだよね。
 まず、打ちたい。
 だから、背がひょろっと高くて、ちょっと不器用そうで、
 他に守るポジションがないような選手が投手になりがち。
 松坂も、なんで守れてしかも打てる選手を
 わざわざピッチャーにしなきゃいけないんだという
 発想なんでしょうね」

日本の高校野球の監督に、新チームを立ち上げるとき、
まずどのポジションから決めますかと何度か聞いたことがある。
すると、十中八九、投手だと答える。
希に捕手だと言う監督もいるが、
それはあくまで投手を最大限生かすための判断であり、
「野球はピッチャー」という思想の延長に過ぎない。


~ダルビッシュも田中将も高校時代はすごい打者だった!?~

 もちろん、監督の意向だけではない。

ダルビッシュ有も、田中将大も、高校時代、
すごいバッティングをしていた。
そもそも打球の質が違うのだ。

彼らが本気で打撃に取り組み、野手としてプロ野球の世界に入っていたら、
どれほどの打者になっていたことだろう。

ただ、残念ながら、彼らは高校時代からさほど打者への執着心がなかった。
それも「投手が野球の華」という日本の野球文化の中で育ったからだろう。

その点、松坂は高校時代から、投手と同等かそれ以上に打撃が好きだった。
彼が入団時、セ・リーグにこだわっていたのは、打席にも入れるからだ。
そのためドラフト会議で交渉球団が西武に決まったとき、
松坂は本気で進学か就職を考えたという。

そんな松坂だっただけに、アメリカ人が言う通り、なおさら
「3番ショート」の松坂を見てみたかった気はする。

~「まずはショートから」という高校野球の監督が現れたら……~

ときおり日本のプロ野球で投手が打撃練習をしている光景を
目にすることがあるが、何より驚かされるのは、
その打球の角度であり、飛距離だ。

今でもよく覚えているのは、当時、
横浜のダブルストッパーとして売り出していた佐々木主浩と盛田幸妃が、
遊びでホームラン数を競っていたときのことだ。

2人は、まるでいつもよりフェンスが20メートルぐらい前に
きているのではないかと錯覚したくなるほど、
軽々とバックスクリーンに放り込むのだ。
彼らがあれだけのボールを投げられる理由が一瞬にしてわかった。

そう、日本にも人材はいるのだ。
そういう人材が野手になれば、日本でもメジャーで通用する打者は育つはずだ。
だが、それが日本の野球文化なのだろう、優秀な人材ほど投手に流れる。

高校野球の監督で「私はまずはショートから決める」
という監督でも現れるようにならない限り、現状は変わらないのではないか。