FC2ブログ
日々様々なスポーツ界での出来事や、気になった記事を取り上げ考えていくブログです。
4種類のバットを使い分け! ラミレスの職人的な道具選び
2010年07月30日 (金) | 編集 |
                   鷲田康 = 文 


まだ野球記者になって間もない頃の話だ。

グラウンドで取材をしていて、突然、どやしつけられたことがあった。

「オマエ、ナニをまたいでるんだよ!」

あるベテラン選手の怒号に下を向くと、
そこにあったのは1本のバットだった。

「バットはなあ、武士の刀と一緒なんだよ!」

バットをひったくるように拾い上げたその選手は、こう言って
「キッ」と失礼な若造記者をにらみつけたのだった。
最近はこんなことを言う選手も少なくなってきてはいるが、
職人が道具にこだわるように、
バットにこだわりを持つ選手が多いのは言うまでもない。

長さと重さ、そして形状はそれぞれの打者のタイプによって異なる。
多くの打者は自分の好みのモデルを探し出し(あるいは特注して)、
そのバットを年間を通して愛用する。
疲れが溜まってくる夏場には、
同じモデルで重さを10グラムとか15グラムぐらい軽くする、
という選手もいる。
もっと細かい選手になると、何種類か重さの違うバットを用意して、
体調によって、その中の一本をチョイスする。

 いわば自分に合わせてバットを使い分けるわけだ。

~相手投手に合わせてバットを使い分ける巨人・ラミレス~

ところが中には相手によって、バットを使い分けるという選手もいる。
今季、本塁打を量産、前半戦のセ・リーグのホームランダービーで
トップを走る巨人のラミちゃんことアレックス・ラミレス外野手も、
そんな一人だった。

ラミレスは昨年までほぼ1つのモデルのバットを使っていた。
長さ34インチ、重さは920グラムのメイプル素材のものだ。
ところが今年は、それに加えてグリップを少し細くした新モデルを導入。
しかもそれぞれのタイプで今まで
より重量を10グラム軽くしたものも作った。

合わせて4種類のバットを、
相手投手によって使い分けるという芸の細かさだった。
この4種類のバットをどう使い分けるのか。
タイプ別に分類するとこんな違いがあるという。

重さの変化は相手投手の左右によって使い分ける。
920グラムのものはサウスポー用、910グラムのものは右投手用。

グリップの太さは、変化球主体の投手用には太めを、
細めのものは速球主体の投手用だ。
もちろん相手投手によって、
この基本用法をアレンジして分けているのだ。

~重量とグリップの違いを組み合わせて全球種に対応~

 ラミレスは言う。

「グリップの細いバットはヘッドも利くし、
 飛距離が出るような気がする。
 今年打っているホームランの7割ぐらいは、
 このグリップが細いタイプのバットだと思うよ」

グリップを細くして重量を重くすれば、飛距離は確実に伸びるが、
逆にヘッドが利きすぎてバットコントロールが難しくなる。
速いボールへの対応もしづらいという欠点も出てくる。

そのためにグリップが太めのものと、
重量を軽くした扱いやすいタイプも用意。

「バッティングでいちばん大切なことは、
 バットをどうコントロールして、
 ボールを芯で捕らえられるかということなんだ。
 だから色んなバットを使い分けているのも、
 よりバットコントロールを良くするための工夫ということになるね」

きちっとバットをコントロールできる
ギリギリのところで飛距離を追求しているわけだ。
その結果が今季はオールスター前までに32本塁打、
という量産ペースにつながった。

「ボックスに立つ前の準備で勝負の半分以上は決まる」
「今年はホームランキングを狙いたいね」

開幕前からこう宣言していたラミレスは、
そのためにこれだけの準備をして、
その道具を使いこなして宣言どおりにアーチを量産している。

「野球はマインド・ゲーム。
 実際にバッターボックスに立つ前の準備で勝負の半分以上は決まる」

 最強助っ人らしいこだわりだった。




【筆者プロフィール 鷲田康氏】

1957年埼玉県生まれ。
慶應義塾大学卒業後、報知新聞社入社。
およそ10年にわたり読売ジャイアンツ取材に携わった。
2003年に独立。
日米を問わず野球の面白さを現場から伝え続け、
Numberほか雑誌・新聞で活躍。
著書に『僕のメジャー日記 松井秀喜』(文藝春秋)、
『ホームラン術』(文春新書)がある。


「20年に1人の逸材」のはずが…。西武・雄星、1年目の挫折の意味。
2010年07月14日 (水) | 編集 |
            中村計 = 文 


西武のゴールデンルーキー、雄星は1年目から活躍できるのか、
できないのか。
その結論がひとまず出たようだ。

先日、雄星は「左肩腱板の炎症」を理由に
7月22日のフレッシュオールスターを辞退した。
5月4日以降、実戦から遠ざかっているということもあり、
残りのシーズンで故障を完治させ、そこから再度調整し、
ファームで実戦経験を積み、
一軍でデビューするというのは相当難しいように思われる。
ましてや、「黄金級」の評価にふさわしい投球内容を
披露するというのは。

~楽天・田中ら高卒ルーキーの活躍がある空気を生んだ~

きっかけは'07年、楽天の田中将大が
高卒1年目で11勝を挙げたことだった。
翌年は千葉ロッテの唐川侑己が同じように高卒ルーキーとして5勝し、
シーズン終盤で一軍昇格を果たした
同級生のヤクルトの由規も2勝を挙げた。

高卒1年目でも、
ドラフト1位クラスの選手なら即戦力になるのではないか――。

清原和博や松坂大輔クラスの怪物はいざ知らず、
数年前までなら、高卒ルーキーはまずは体づくりから
という雰囲気が当たり前だった。
ところがそれらの事例によって、新たな空気が生まれた。
当の選手たちも、ソノ気になっていたに違いない。

ましてや高校時代、
「20年に1人の逸材」、「世界の宝」とまで言われた雄星は、
ドラフト開始以来、
もっとも評価の高かった高校生左腕と言ってもいい。
周囲の期待だけでなく、
自分で自分にかける期待も小さくなかったことだろう。

今年1月、雄星は1年目の抱負についてこんな風に語っていたものだ。

「最高の目標は2ケタ(勝利)。
 中間は、開幕一軍で5勝。最低は1勝です」

そんな発言を聞いても、
こちらも思い上がっているなどとは少しも思わなかった。
むしろ、これだけ注目されているルーキーなのだから、
それぐらいのラインが妥当なのではないかとさえ思っていた。

~高校時代MAX154キロを誇った直球が140キロ前後に~

だが実際には、通用するしない以前の問題だった。
高校時代と同じストレートさえ投げられなくなってしまったのだ。

プロに入ってからというもの、
雄星の真っ直ぐは出ても140キロ台止まり。
ひどいときは140キロにも届かず、高校時代、
MAX154キロを誇った真っ直ぐは見る影もなくなってしまった。

高校3年夏、肋骨を疲労骨折した影響で、その後、
十分な練習ができずに体のバランスを崩し、
結果的にフォームを見失ってしまったという。

だが、それだけではないだろう。
昨年9月の新潟国体の初戦、故障が癒えた雄星は、
夏の甲子園以来およそ1カ月振りにマウンドにのぼった。
9回1イニングのみの登板ということもあって、
そのときの真っ直ぐはやはりすごかった。

夏の甲子園で全国制覇を果たした中京大中京の4、5、6番打者に対し、
決め球はすべて真っ直ぐ。
150キロ台を連発し、3者連続空振り三振に仕留めた。

少なくとも、故障がほぼ治った段階で
あれだけのボールが投げられていたのだから、
不調の原因は疲労骨折の影響だけではあるまい。

ひとまず、あの真っ直ぐが、
プロ野球の一軍打者にどこまで通用するかを見てみたかった。


~「今のままでも即、通用する」という言葉の落とし穴~

 雄星のつまずきは、ひとつのことを物語っている。

プロのスカウトが、高校生に対し、
最大の賛辞としてよく使う言葉がある。

「今のままでも即、プロで通用する」

雄星も何度となくそう言われたものだ。
だが、その「今のまま」の力を数段上のステージでも
同じように出すことがいかに難しいか。

それは、どこか自転車に乗れるようになるまでの過程に似ている。

誰もがこんな経験があるのではないか。
まだ自転車に乗れない頃、親が
「押さえてるから大丈夫だよ」と言い、
それを信じているときはうまく乗れていたのに、
そう言いながらも実際は手を放していることに気づいた途端、
バランスを崩してしまう。

投手でも同じことが言える。
高校時代、少々甘いところにいこうがまず打たれることはあるまい
と思って投げていたのと、
プロで少しでも甘いところに入ったら打たれるかもしれないと
ビクビクしながら投げるのとでは、
自ずとフォームも変わってくるし、球の勢いも違ってきてしまう。
自転車と同じように、自信満々のとき、
つまり前者の方がいいパフォーマンスを発揮できることは言うまでもない。

~ドラフト1位でも、1年目は活躍できないその理由とは?~

ただ、だからといって、
雄星の現状を悲観することはまったくない。
田中と同年代で、現在、広島で大活躍している前田健太も、
1年目は一軍登板はなかった。
西武の涌井秀章も、わずか1勝に終わっている。
実際には、たとえドラフト1位であっても、
いきなり手を放され、
1年目から高校時代と同じようにスイスイと自転車をこげるものではない。

普通に投げることさえできれば、相手がプロとはいえ、
そう簡単に打たれるものではない――。
それを頭ではなく、体が信じられるようになるまで。

たとえどんなにすごいボールを持っているルーキーであっても、
その境地にたどり着くまでがけっこう時間がかかるものなのだ。
それは雄星とて、例外ではなかったということだけなのだろう。  



【筆者プロフィール 中村計氏】

1973年千葉県出身。ノンフィクションライター。
某スポーツ紙を経て独立。
『Number』(文藝春秋)、『スポルティーバ』(集英社)などで執筆。
『甲子園が割れた日 松井秀喜の5連続敬遠の真実』(新潮社)で
第18回(2007年度)ミズノスポーツライター賞最優秀賞受賞。
他に『佐賀北の夏』(ヴィレッジブックス)、
共著に『早実vs.駒大苫小牧』(朝日新書)などがある。
『雪合戦マガジン』の編集長も務める。
趣味は、落語鑑賞と、バイクと、競艇。

「飛ばない」低反発球に統一決定!矛盾抱えつつもプロ野球界が国際化
2010年07月12日 (月) | 編集 |
               鷲田康 = 文   


5年前に同じ掛け声を聞いた。

2005年にプロ野球の各球団はこぞって「低反発球」――
いわゆる「飛ばないボール」を採用した。

それまでセ・リーグで「飛ぶボール」を使っていたのは
巨人と横浜だったが、
両球団の本塁打数はこの年に激減。
チームの年間本塁打数は巨人が前年の259本から186本、
横浜も194本から143本へと減少した。
パ・リーグではロッテ以外の5球団が前年までは
「飛ぶボール」を使用。
その5チームが「低反発球」に切り替えたことで、
リーグ全体の本塁打数は920本から827本と約1割も少なくなっている。

実際にその後は各チームの本塁打数は以前に比べれば
低い水準に落ち着いている。

~年平均本塁打数が209本から174本へ激減している巨人~

あれだけ一発の印象の強い巨人でも、
2005年以降の本塁打数は186→134→191→177→182と推移。
合計870本塁打で年平均にすると174本。
2000年から2004年までの5年間の合計1049本、
年平均で209.8本塁打という数字からは、
まさに“激減”ということになる。

だが、それでもまだ球界には
「飛びすぎる」という声が引きも切らない。

理由はワールド・ベースボール・クラシック(WBC)や
オリンピックなどで使ってきたボールとの違いだった。

「これからの日本球界の一つの方向性として
 国際化という道があるとすれば、
 ボールをどれだけ国際試合で使っているものに近づけていくか。
 そこも一つの課題となるはずだ」

昨年のWBCを終えて、
日本代表チームの監督をつとめた巨人・原辰徳監督の総括の一つだった。

~「飛ばない」だけでなく他にも多くの違いがある国際基準~

その声を受けて動いたのが加藤良三コミッショナーだった。

「プロ野球の公式戦で使うボールを国際基準にする」

そのトップの掛け声で再び、ボール改革がなされ、
来年から1軍の公式戦ではミズノ社製のいわゆる
「飛ばない」ボールの使用が決まった。

ただ、国際化という側面から考えると、
この新球でもクリアできない問題は多く、
作り手はそこにある種のジレンマを感じざるを得ないのだという。

 一つはボールの「滑り」だ。  

~急激にボールの質を変えると選手の故障につながる~

国際試合で使うボールは表面がツルツルしていて、滑りやすい。
それが日本のボールに慣れている投手には非常に違和感となって、
慣れるのに時間がかかると言われる。

実は日本のボールは革をなめす段階でたっぷりと油を含ませて、
しっとりとした仕上げにしている。
それが独特の指に吸い付くようなしなやかさを生んでいる。

ところがメジャーで使用してるボールや、
同じミズノ社製でも五輪などで使用された中国製「ミズノ150」
というボールは、この油になじませる過程が短く、
ツルツルしたものとなっている。

要するに丁寧に作ったボールより、過程を少し省略して、
言葉は悪いが粗悪に作ったものに
合わせなければならないことになる。

ただ、このボールの滑りに関しては、
今回は見送られることになった。

現場サイドから
「急速なボールの感触の変化は、
 握りの強さやフォームに影響するため、
 故障の原因になりかねない」という声が上がっていた。
そこを配慮したものだった。

~あえてボールの品質を落とすという努力もするべき!!~

そしてもう一つはボールの均一性だった。

実はメジャーの使用球(R社製で生産地はコスタリカ)の
大きな特徴として、ボールの縫い目や、
ひどいものでは球体の形そのものが不ぞろいなものさえ
あるといわれている。

来年から採用されるボールでは、縫い目を高くして、
これまで選手から「
握った感覚が大きく感じる」といわれていた
メジャー球に近い形状をできるだけ再現することになる。
ただ、それでもあえて縫い目や形を不ぞろいにすることはできない。

「ボールの国際化とは品質を劣化させることなんでしょうか……」

あるメーカー(あえて断っておくがミズノ社ではない)
関係者の言葉だった。

技術力と独特のキメの細かさからこそ起こる
「飛ばないボール」論争。
もし国際化を一義的に意識したボール改革を断行するならば、
徹底してメジャーの使用球に近づけることも必要だろう。
あえて日本的な感覚では“粗悪品”となるボールを作ることになっても、
徹底してやらなければ意味はないような気もする。
  

【筆者プロフィール 鷲田康氏】

1957年埼玉県生まれ。
慶應義塾大学卒業後、報知新聞社入社。
およそ10年にわたり読売ジャイアンツ取材に携わった。
2003年に独立。日米を問わず野球の面白さを現場から伝え続け、
Numberほか雑誌・新聞で活躍。
著書に『僕のメジャー日記 松井秀喜』(文藝春秋)、
『ホームラン術』(文春新書)がある。

ロッテを「足」で勝たせる男。荻野貴司という異能の新人とは?
2010年04月21日 (水) | 編集 |
                 氏原英明 = 文  


昨シーズン、パ・リーグ5位に沈んだロッテの快進撃が続いている。
週末に行われた西武との首位決戦も2勝1敗と勝ち越し、
その差を3ゲームとしてリードしている。
この時期での順位をどうこうの言うのは早計なのは分かっているが、
とにかく、今年のロッテは一味違う戦いぶりを見せている。

その象徴とも言えるのが、
新人にして開幕から2番に抜擢されている荻野貴司の存在である。
打率.357、打点9 得点13、盗塁8と絶好調で、西岡剛とともに、
俊足1、2番コンビを形成。
井口資仁、金泰均、大松尚逸から成る
強力クリーンアップにつなぐ役割を果たしている。

 足、足、足……。

そのプレースタイルを見れば、
彼がどんな選手なのか一目瞭然である。

リーグトップの8盗塁もさることながら、
普通の送りバントでも、セーフティ気味に転がし、
一塁まで駆け抜ける。
外野の間に飛ぶ単打を放てば、
あわよくば二塁を陥れようかのごとき勢いで、
常に先の塁を狙う。
自らの武器がどこにあるのかを、強く意識しているのがわかるのだ。

一つの武器をもった選手がプロの世界でこれほど映えるとは……
彼の活躍にはいつも驚かされるばかりだ。

~努力する天才! 才能が無かった荻野貴が成長した背景~

そもそも荻野貴の野球人生は、
これまでそれほど華やかだったわけではない。

奈良県出身の荻野貴は中学時代、
ボーイズリーグの名門チーム・橿原コンドルに所属していたが、
チームメートだった加治前竜一(巨人)とは対照的な存在だった。
加治前が走・攻・守がそろうスーパースターだったのに対し、
荻野貴は常に控えに甘んじた存在でしかなかった。
のちに智弁学園―東海大を経て、
先にプロ入りした加治前の経歴と比べて、その差は明らかだった。

彼のポテンシャルが発揮され始めたのは高校に入ってから。
奈良県下有数の進学校・郡山高に進んだ荻野貴は
1年春からベンチ入りし、頭角を現す。
2年春には遊撃手でレギュラーをつかみ、
それからはチームの顔になった。
郡山高の恩師で、元監督の森本達幸氏は言う。

「加治前君は中学時代からスーパースターで、
 荻野はそんなに目立つ選手ではありませんでした。
 荻野はうちに来た時は守備が上手く、足も速かったのですが、
 身体が小さいという印象でしたね。
 高校に入ってから彼自身が努力をし続け、
 パワーがついてきたことで、チームの中心になったんです」

高校3年、夏の甲子園予選では3番・遊撃手の
ポイントゲッターとして、チームの準優勝に貢献。
甲子園出場は果たせなかったものの、
チームを引っ張る存在になっていたのである。
ちなみに、準決勝では加治前のいる智弁学園を大差で破っている。
高校卒業時には、ロッテ、阪神など
複数球団がドラフトでの指名を窺ったほどで、
本人が大学進学を希望したために実現することはなかったが、
荻野貴の存在は在阪スカウトの中ではちょっとした話題となっていたのだ。


~大学時代の荻野貴がついに気づいた“自らの方向性”~

とはいえ、当時の荻野貴から今の姿を想像できたかというと、
決してそうではない。
筆者自身も、高校時代の彼を見てきたが当時の印象とは全く違う。
確かに足は速かったが、彼の持ち味として語られていたのは、
遊撃手としての華麗な守備とミートに優れたバッティングセンス、
勝負強さなどだった。
森本氏はいう。

「高校の時から足は速かったんです。
 僕の指導方針の中で、選手に『ノーサインで走れ!』という指示は
 あまりしないのですが、荻野には任せていました。
 ただ、荻野はチームプレーをいつも考える選手で……
 ノーアウトで自分が盗塁を試みて失敗することで
 チームのムードが悪くなったりすると、
 それを気にし過ぎて積極的に走らなくなったりはありましたね」

むしろ、足を武器とする選手としての才能が開花したのは、
大学も上級生になってからのことである。
関西学院大に進んだ荻野貴は、
大学時代に自らをこう振り返っていた。

「2年の春くらいに、
 うちのチームには長打を打てる選手がいないということに
 気づいたんです。
 そこで、自分が塁に出て、
 足を生かす野球をしようと思ったんです。
 それからは、とにかく盗塁に力を入れるようにしました」

~学生リーグ新記録まで樹立して、大学卒業時はプロを回避~

3年春に1シーズン10盗塁を記録しその成果を見せると、
4年春リーグ戦ではついに本領発揮し1シーズン17盗塁の
関西学生リーグ新記録を樹立。
少しでもモーションの大きい投手ならば必ず盗塁を決めたし、
マークがきつくても試合の勝負所となると、
それをかいくぐってでも見事に盗塁を決めてみせた。

~「自分の武器は足」~

このころの荻野貴には、現在見られるプレースタイルへの手ごたえが
すでにあったようだ。
しかし、大学卒業時には結局プロ志望届を出さなかった。
本人自身の思いはともかく周囲の評価は高かっただけに、
在阪担当スカウトの多くがその決断に頭を抱えることとなった。
すでに当時の荻野貴は、誰もが欲しがるほどの
魅力的な「足」を持っていたからだ。

社会人のトヨタ自動車での経験を経て、
昨秋のドラフトでロッテの1位指名を受けた。
ドラフトの目玉・菊池雄星を回避してでも、
ロッテが欲しがった理由は今の活躍を見れば、
理解できるというものである。

~荻野貴の存在で、今後ますます難敵になっていくロッテ~

今後、荻野貴に対するマークは厳しくなるだろう。
それは走者として、盗塁が警戒されるだけではなく、
「塁に出したくない」打者としても厳しく攻められるということだ。
彼が越えなければいけないプロとしての壁が高いのは確かだが、
しかし、それだけ対戦相手を苦しめているということでもある。

昨シーズンの盗塁数がリーグ最下位だったロッテに注ぎこまれた
荻野貴司という新たな要素。
こうしたプレッシャーを相手チームに与え続ける選手がいるということで、
ロッテはシーズンを通してますます戦い難い相手となっていくはず。

4月11日の試合でロッテは11-0で西武に圧勝した。
一見するだけでは荻野貴の足が西武をかき回した試合ではないのだが、
その存在が目に見えないところで
対戦チームにプレッシャーを与えていたのは間違いない。

 荻野貴の存在が、ロッテの野球を熱くさせている。



【筆者プロフィール 氏原英明氏】

1977年ブラジル生まれ。
奈良大学を卒業後、地方新聞社でのアルバイト勤務を経て、
フリー活動を開始。
高校野球を中心に活動を続けるが、
野球を通じた人間性、人生観を伝え続け、
Numberのほかに野球専門誌で活躍。
WEBの世界でも「人間力×高校野球」(高校野球情報.com)
と題したコラムを連載している。

27歳の新人王・攝津正は51年ぶりの記録を目指す。
2010年01月13日 (水) | 編集 |
~ソフトバンクの苦労人が追う夢~
                 永谷脩 = 文  


福岡県警中央署の一日署長や、
九州・筑豊電鉄のイベントに参加するなど、
このオフ多忙を極めている選手のひとりに、
ソフトバンクの攝津(せっつ)正がいる。

'09年、リーグ最多の70試合に登板。
5勝2敗34H、防御率1.47の成績で、新人王に輝いた。
文句のつけられない成績を残し、
年俸が1200万円から5千万円に上がった今も、
「新人王を獲得しましたけど無駄な四死球も多かったので、
 2009年の自己採点は80点。
 結果を残したこのフォームを忘れないために、
 オフでも毎日キャッチボールを続けます」
と驕る様子は全く感じられない。

~アドバイスに耳を傾ける素直な姿勢が成功に導いた~

秋田経法大附属高時代から「東北に攝津あり」と言われ、
毎年ドラフト候補に挙がっていた。
しかし指名されたのは卒業から7年経った2008年のこと。
すでに26歳。
5位指名での入団だった。

そんな攝津がプロ入り1年目から活躍できた理由は、
秋山幸二監督をして
「素直にして努力家」と言わしめたその性格にあるのだろう。

高校卒業後に入社したJR東日本東北では、
コントロール向上のため、それまでの豪快なフォームを変えた。
球の出所を見えにくくする、
テイクバックの小さなフォームにしたのである。

またプロ入り直後の新人研修で、高山郁夫投手コーチから
「セットポジションで投げたら? 
 そうすれば直球と変化球のフォームの見分けがつかなくなる」
とアドバイスされると、すぐに実行。
オープン戦で10試合に登板し、3勝3S、防御率0.00の好成績を挙げ、
見事開幕一軍の座を掴んだのだった。  


~来季の目標は“神様”稲尾以来の「2年連続70試合以上登板」~

年間70試合以上に登板した投手は、
プロ野球全体でのべ31人いたが、
2年連続となると稲尾和久('58年~'59年)以降現れていない。
そこで'10年の目標を「2年連続70試合以上登板」に決め、
新年1月からは馬原孝浩と共にハードな自主トレに挑むという。

「いつか野球でメシを食えればいいな、
 と思って社会人時代も無遅刻無欠席で頑張ってきた。
 なかなかプロから指名されなかったけど、諦めなくてよかった。
 野球を仕事にできてこんな幸せなことはない」。  

新人王に選ばれた喜びを素直にそう表現していた攝津。
真摯に野球に取り組み続けた遅咲きの東北人が、
ついに福岡の地で花開いたのである。